●外国政治書講読(英語)

最終更新日:2013年9月17日

授業科目名
●外国政治書講読(英語)
標準年次
2・3・4
講義題目
国際関係論英語文献講読
開講学期
後 期
担当教員
大賀 哲
単位数
2単位
教  室
情報基盤文系分室(経済学部棟4階)
科目区分
基盤科目
履修条件
履修条件はありませんが、履修希望者が多い場合にはテストを行ない、合格者のみ履修を許可します(したがって、履修を希望する場合には必ず初回授業に出席してください)。また、毎回の授業では必ず辞書(電子辞書でも可)をご持参ください。
授業の目的
広い意味での国際関係についての文献を講読し、内容を理解する(単に英文を和訳するということに止まらず、論点を自分の言葉で理解し、自分自身の見解を持つことができる)ことを目標とします。
授業の概要・計画
今期はアメリカ政治および国際関係に関する文献を講読する予定です。基本的な問題意識としては、(そうした状況を肯定するにせよ、批判するにせよ)世界で最も影響力のある大国アメリカの政治がどのような論理で成り立っているのか(アメリカの国内政治を形成する要因はどのようなもので、またそれはアメリカの国際関係に如何なるかたちで反映されているのか)を理解するという点を重視したいと思います。具体的には以下の三つのテーマを取り上げる予定です。

● アメリカ大統領制と大統領のレトリック
● オバマ政権と現代アメリカ
● アメリカの世界観―国家安全保障戦略(NSS)

*時間的に余裕があれば、授業の中でアメリカ政治に関連するDVDを視聴する時間をとりたいと思います。
授業の進め方
とくに担当者は決めず、適宜訳出していただくという形式にしたいと思います。国際政治の用語や知識を解説しながら授業を進めていきます。また授業の中でグループ・ワークを複数回課します(詳細については初回授業で説明します)。
教科書・参考書等
杉田米行編『英語で知るアメリカ―8つのテーマで超大国の実情に迫る』(大学教育出版)
成績評価の方法・基準
平常点(40点)、グループワーク(60点)

その他(質問・相談方法等)
過去の授業評価アンケート