外国法律書講読(フランス語)

最終更新日:2015年9月30日

授業科目名
外国法律書講読(フランス語)
標準年次
3・4
講義題目
法学・政治学のためのフランス語文献講読
開講学期
後 期
担当教員
南野・井上 (南野森・井上武史)
単位数
2単位
教  室
2研
科目区分
基盤科目
履修条件
 フランス語文法の基礎を学習済みである者。
 
授業の目的
 辞書を使いながら、フランス語で書かれた専門的な法学論文を読めるようになるための方法論を身に付けること。
 
授業の概要・計画
 毎回参加者が文献を逐語訳する。それに対し、担当教員が適宜文法的解説を加える。
 
授業の進め方
 アトランダムに参加者を指名し、1〜2文ずつ逐語訳してもらう。
 
教科書・参考書等
 参加者と相談のうえ決定する。おそらく、前期同様、

O. CAYLA et J.-L. HALPERIN (sous la dir. de), Dictionnaire des grandes oeuvres juridiques, Paris, 2008 

のなかから、一人の法学者・思想家を選択する予定。同書の詳細な目次は、

http://spminamino.web.fc2.com/JP/dicogoj.htm

を参照。講読部分はコピーを配付する。
 
成績評価の方法・基準
 予習の成果、および毎回の授業態度を総合的に評価する。
 
その他(質問・相談方法等)
 参加を希望する者は、早めに南野および井上までメールで連絡をしてほしい(初回の文件等の準備のため)。
 minamino【アットマーク】law.kyushu-u.ac.jp
 inoue【アットマーク】以下同 
 
過去の授業評価アンケート