ホーム > 法学府 > お知らせ

博士論文中間報告会について

掲示者: 人社系教務課(法学担当)
掲示・修正日時: 2020年06月22日

令和2年度博士論文中間報告会について
(新しい学位申請制度での授与を希望する者)

 令和3年3月授与に向けて学位申請を予定している者で、新しい制度での学位申請を希望する者は、博士論文中間報告会を、原則として7月27日(月)から7月31日(金)までに開催することとなります。
 希望者は、博士論文草稿等を7月13日(月)までに主・副指導教員に提出、主・副指導教員と相談のうえ中間報告会実施日時を決定し、学位論文中間報告会実施願を7月18日(金)17:00までに教務課法学担当へ提出してください。


新制度での今後のスケジュールは、以下のとおりです。

7〜8月上旬【博士論文中間報告会】
 博士論文草稿等を報告、報告会終了後、予備調査委員会設置願提出に関する助言を受ける。

9月上旬【予備調査委員会設置願提出】
 論文要旨(暫定版)を合わせて提出すること。

10月末【博士論文草稿又は特別研究論文草稿の提出】
 論文草稿4部を提出する。

12月上旬〜中旬【予備調査委員会による助言】

1月第1週【博士論文又は特別研究論文の提出】
 論文要旨と完成原稿4部を提出する。その他提出書類については別途掲示する。

1月下旬〜2月上旬【論文公聴会】

2月【学府教授会において、学位授与の可否決定、特別研究論文の認否決定】
  
3月下旬【修了(学位授与)又は単位取得退学】  

参照URL: http://

別紙: 【様式】博士論文中間報告会実施願.doc