ホーム >  概要 >  近著紹介

九州大学法学部

教員の近著紹介 2008年1月〜2008年3月分(#046-#060)

2008年12月28日更新

 

笠木准教授【社会保障法】
笠木映里『公的医療保険の給付範囲‐‐比較法を手がかりとした基礎的考察』(九州大学法学叢書2)
有斐閣、2008年3月31日発行
#060

 

内田教授【刑法】
内田博文『日本刑法学のあゆみと課題』
日本評論社、2008年3月31日発行
#059

 

レビン小林教授【紛争管理論】
クリストファー・W・ムーア(レビン小林久子訳・編)『調停のプロセスーー紛争解決に向けた実践的戦略』
日本加除出版、2008年3月30日発行
#058

 

井上准教授【刑法】、内田教授【刑法】、松生教授【刑法】

西田典之=山口 厚=佐伯仁志(編)『刑法判例百選2各論〔第6版〕』(別冊ジュリスト 190号)
有斐閣、2008年3月30日発行
#057

 

小島准教授【知的財産法】
財団法人知的財産研究所(編)『デジタル・コンテンツ法のパラダイム』
雄松堂出版、2008年3月28日発行
#056

 

渡辺(徹)教授【租税法】
佐藤英明(編著)岡村忠生=谷口勢津夫=増井良啓=渡辺徹也(著)『租税法演習ノートーー租税法を楽しむ21問〔第2版〕』
弘文堂、2008年3月27日発行
#055

 

岡崎准教授【政治理論】、木村准教授【政治学史】、嶋田准教授【行政学】
岡崎晴輝=木村俊道(編)『はじめて学ぶ政治学ーー古典・名著への誘い』
ミネルヴァ書房、2008年3月25日発行
#054

 

山下准教授【労働法】
阿部和光(編)『転換期の市民社会と法』(久留米大学法政叢書17)
成文堂、2008年3月20日発行
#053

 

武内准教授【少年法】、木村准教授【政治学史】、原田准教授【行政法】、南野准教授【憲法】、大橋准教授【マネジメント担当、労働法】
『法政研究』74巻4号
九州大学法政学会、2008年3月19日発行
#052

 

上田(竹)准教授【民事訴訟法】
民事訴訟実態調査研究会(代表竹下守夫)(編)『民事訴訟の計量分析(続)』
商事法務、2008年2月28日発行
#051

 

川嶋教授【民事訴訟法】
椿 寿夫=川又良也=國井和郎=徳田和幸(編)『私法判例リマークス36号〔2008・上〕平成19年度判例評論』(法律時報別冊)
日本評論社、2008年2月20日発行
 #050

 

内田教授【刑法】
内田博文=佐々木光明(編)『〈市民〉と刑事法‐‐わたしとあなたのための生きた刑事法入門〔第2版〕』
日本評論社、2008年2月20日発行
 #049

 

赤松教授【民法】、柳原教授【国際法】
勝田有恒=山内 進(編著)『近世・近代ヨーロッパの法学者たち‐‐グラーティアヌスからカール・シュミットまで』
ミネルヴァ書房、2008年2月20日発行
 #048

 

上田(竹)准教授【民事訴訟法】、川嶋教授【民事訴訟法】
河野正憲=伊藤 眞=高橋宏志(編)『民事紛争と手続理論の現在/井上治典先生追悼論文集』
法律文化社、2008年2月10日発行
 #047

 

七戸教授【民法】
千葉恵美子=藤原正則=七戸克彦『民法2物権〔第2版補訂版〕』(有斐閣アルマSpecialized)
有斐閣、2008年2月5日発行
 #046

 

2007年9月〜12月分、#031〜#045

2007年5月〜8月分、#016〜#030

2007年2月〜4月分、#001〜#015

概要