ホーム > 入学希望者 > 法学部入試情報

九州大学法学部入試情報

2017年4月12日更新

九州大学法学部の入学試験には以下のものがあります。

  • 一般入学試験
     法学部の一般入試は、大学入学試験センター試験の後、個別学力検査によって行なわれます。個別学力検査は前期日程試験と後期日程試験とがあります。これらの日程や内容については、九州大学HPの「入学者選抜情報」のページをご覧ください。また、法学部のアドミッションポリシーについても九州大学HPの「アドミッションポリシー」のページをご覧ください。
  • Global Vantage Program (新AO入試)
     九州大学法学部では、平成27年度入試より、新たにAO入試を復活させ、法学部と英語大学院(LL.M.)の一貫教育で、高度な法専門知識と国際交渉力を持った人材を養成する、"Global Vantage Program"を立ち上げました。詳細については、専用ページをご覧下さい。
  • 帰国子女入試
     大学入試までの間に外国での生活が一定期間以上の者について行なう入学試験です。こちらをご覧ください。

  • 私費外国人留学生入試
     私費外国人留学生向けの入学試験です。こちらをご覧ください。

  • 編入学試験
     九州大学(法学部を除く)を卒業した者(卒業見込みの者を含む)を対象とする試験です。なお、平成27(2015)年度以降は、法学部定員が充たされていない場合に限り実施します(実施の有無は、毎年5月末までに本ホームページお知らせ欄にて公表します)。
     (参考) 平成26(2014)年度募集要項[PDF] 
  • 転学部試験
     九州大学(法学部を除く)に在籍する者(原則として1年生及び2年生)を対象とする試験です。詳細は、本ホームページお知らせ欄にて公表します(9月頃)。
     (参考) 平成23(2011)年度転学部について[PDF]

 

また、正規の学生とは別に、「研究生」の受入れ制度もあります。詳細はこちら(PDF)をご覧ください。