「クリエイティブ産業と文化政策」の初回(10/5)について(センターゾーン2304教室で開講します)

事前にお願いしたMoodleの事前登録にご協力いただき、ありがとうございました。

「クリエイティブ産業と文化政策」(2限)の初回の授業は、センターゾーンの2304教室(センター2号館3階、試験定員127名、通常定員211名)で開講します。その理由は以下のとおりです。

10月4日(月)の午後3時20分現在のMoodle登録者数が49名(+担当教員1名)です。この人数は、イーストゾーンで火曜2限に利用可能なE-112教室(定員100名)のほぼ半分であり、授業担当者が教室を確認したところ、Moodle登録者が全員出席した場合には、一人空けて座るとちょうど満席となります。もしMoodleに登録していない方が授業に参加されると、感染防止対策を講じられる収容人数を超えてしまいます。

秋学期の途中で、受講者数がE-112で収容可能な人数に落ち着いた場合には、そちらに変更することを検討しますが、最初の数回については、感染防止対策を講じることを最優先に、センターゾーンの教室で開講することとします。

イーストゾーンで受講する授業が多い方にはセンターゾーンまでご足労をおかけしますが、ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。(授業担当者:小島)