人社系協働研究・教育コモンズ「雅俗論という視角—江戸文化のとらえ方—」開催のお知らせ

人社系協働研究・教育コモンズ(※)では第15弾企画としてオムニバスセッション「知の形成史」第4回を下記のとおり開催いたしますので、ぜひご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。           
           記

タイトル:オムニバスセッション「知の形成史 」第4回

主催:人社系協働研究・教育コモンズ

日時:令和 4 年10月3 日(月)  15:00-16:30
場所:九州大学伊都キャンパス E-C-203会議室
   並びにオンライン(Zoom)のハイブリッド開催
   

講演者:川平敏文(人文科学研究院 教授(国文学))

雅俗論という視角—江戸文化のとらえ方—

江戸文化といえば、歌舞伎や浮世絵、狂歌や川柳など、庶民的な〈俗〉文化を思い浮かべる人が多いかもしれません。
しかし江戸時代には、能や文人画、漢詩や和歌など、伝統的な〈雅〉文化が、前者と同等あるいはそれ以上に、旺盛な生産力を持っていました。江戸文化を考えるとき、このように〈雅俗〉の両面からとらえるのが現代の主流ですが、そのような研究パラダイムは、いつ、どのような経緯で形成されたのでしょうか。まずは近代における江戸文化研究の歴史について、振り返ってみたいと思います。
そのうえで、これまで私が取り組んできた「徒然草受容史」、いま取り組んでいる「近世随筆」プロジェクトについても、その一端をお話しします。

聞き手: 鷲崎俊太郎(経済学研究院 准教授)

司 会:蛭沼芽衣(人文科学研究院 助教)

場所:九州大学伊都キャンパス E-C-203会議室
   ならびにオンライン会議形式(Zoom)のハイブリッド開催

参加申込:下記URLへアクセスのうえ、事前参加申込をお願いします。    
http://commons.kyushu-u.ac.jp/collaborative/events/event_15.html

参加申し込み期限:10月1日(土)

参加費:無料

定 員:対面の定員は30名

URL:http://commons.kyushu-u.ac.jp/collaborative/

※人文社会科学系4部局「人文科学研究院」「人間環境学研究院」「法学研究院」
「経済学研究院」は、教育活動及び研究活動における連携を企画し管理運営して
いくために「人社系協働研究・教育コモンズ」を設けて活動しています。