CLOSE

教員組織

ホーム > 教員組織

教員組織

兼任教員講師28名
水元 宏典 MIZUMOTO Hironori 講師一橋大学大学院, 法学研究科教授
水元 宏典MIZUMOTO Hironori 講師
一橋大学大学院, 法学研究科教授
学歴・学位 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了
法学博士
所属学会
専門分野等
民事手続法学
主な経歴 大阪大学法学部助手(1998.4)
熊本大学法学部助教授(1999.10)
熊本大学大学院法曹養成研究科助教授(2004.4)
熊本大学大学院法曹養成研究科准教授(2007.4)
一橋大学大学院法学研究科教授(2011.4~現在に至る)
主な著書・論文等 『基礎演習民事訴訟法[第3版]』(分担執筆・弘文堂,2018)
『倒産処理プレーヤーの役割』(分担執筆・民事法研究会,2017)
『事業再生におけるスポンサー選定のあり方』(分担執筆・商事法務,2016)
『法律学小辞典 第五版』(分担執筆・有斐閣,2016)
『新基本法コンメンタール民事再生法』(分担執筆・日本評論社,2015)
『倒産法概説[第二版補訂版]』(共著・弘文堂,2015)
「グループ企業の国際倒産処理における裁判所の協力」(NBL 1125号,2018)
「(判批)建物仮差押え後の敷地譲渡・建物競売と法定地上権」
  (民商法雑誌 154巻2号,2018)
「合意による相殺と倒産手続」(NBL 1123号,2018)
「破産手続における特定債権の劣後化」(NBL 1121号,2018)
「既判力の標準時後の法令変更・判例変更について」(『高橋宏志先生
  古稀祝賀論文集 民事訴訟法の理論』,有斐閣,2018)
「魅力ある倒産手続に向けた立法のあり方」(法律時報 89巻12号,2017)
「ESUGによるドイツ倒産法の改正とドイツ法からみた私的整理の多数決化」
  (『民事手続法の現代的課題と理論的解明 徳田和幸先生古稀祝賀
    論文集』,弘文堂,2017)
「対抗要件否認」(竹下守夫ほか編『破産法大系2 破産実体法』,2015)
「破産手続開始後にした破産者の行為と否認権」
  (『伊藤眞先生古稀記念 民事手続の現代的使命』,有斐閣,2015)