CLOSE

教育内容・方法

ホーム > 教育内容・方法 > シラバス

シラバス

科目名
  • 授業科目名税財政と法
  • 授業科目名(英語)Taxation -Law and Policy-
  • 標準学年2年次
  • 必修・選択の区別選択
  • 単位数2単位
教員名 田中 晶国 ( Tanaka Masakuni )
時限 金 , V ( 16:40~18:10 )
授業の目的 所得税法・法人税法を中心に租税法に関する基礎的知識を習得する。
履修条件 特になし。なお、民法・会社法・行政法に関する基礎的知識を前提とする。
到達目標 カリキュラムマップ、到達目標科目対応表及び学修ロードマップを参照のこと。
授業の概要 所得税法・法人税法ならびに租税手続法に関しての講義ならびに質疑応答を行う。
授業の概要(英語) This course examines tax law.
授業計画 第1回 所得の概念・課税単位
第2回 所得税額算出手順の概観・利子所得と配当所得
第3回 譲渡所得①
第4回 譲渡所得②
第5回 給与所得と退職所得
第6回 事業所得等
第7回 所得の年度帰属 収入金額と必要経費(必要経費(その1)まで)
第8回 収入金額と必要経費(必要経費(その2))・所得の人的帰属
第9回 所得計算上の損失の扱い・所得控除・税率表の適用と税額計算の特則
第10回 所得税に関わる手続き①
第11回 所得税に関わる手続き②
第12回 企業課税と個人課税・法人所得の計算  
第13回 益金・損金  
第14回 別段の定め
第15回 出資と分配
授業の進め方 講義を中心として適宜質疑応答を交える。
教科書及び参考図書等 【教科書】
佐藤英明「スタンダード所得税法 <第2版補正2版>」(弘文堂、2016年)
渡辺徹也「スタンダード法人税法(第2版)」(弘文堂、2019年)
【参考書】
中里実ほか編『租税判例百選〔第6版〕』(有斐閣、2016年)
中里実ほか編『租税判例六法〔第4版〕』(有斐閣、2019年)
試験・成績評価等 授業への参加度(出席及び発言、質問回答制度)30%、教室での期末試験又はそれに代わる方法を70%として評価を行う。
事前学習 各回の範囲に関する教科書の該当範囲を熟読した上でのぞむこと。
課題レポート等 各回の分担を決めて教科書の記述についての質問と回答作成を担当してもらう。
オフィスアワー 毎週金曜日15:10~16:40(Zoomで実施しますのでメールで申し込んで下さい。)
その他