CLOSE

加算プログラム

ホーム > 加算プログラム

加算プログラム

2019年度「法科大学院公的支援見直し強化・加算プログラム」

文科省の「法科大学院公的支援見直し強化・加算プログラム」においては、「各法科大学院の教育理念や抱える課題、強み等の特徴に応じた中長期的な改革を促すために、各法科大学院の目指すべき方向性に基づいた今後5年間の機能強化構想及びそれを実現するための体系的・系統的な取組を検証可能な目標と共にパッケージとして評価する。」との見直しが行われました。

九州大学院法科大学院では、これまでも、九州地域の他大学や弁護士会等と連携し、地域における法曹養成教育に取り組み、九州地域の基幹となる法曹養成機関として、社会に貢献できる法曹を数多く育成し、九州地域の法曹の質と司法サービスを向上させる取組みを行ってきましたが、今後5年間の取組みとして、(1)九州大学法学部との連携による同学部への法曹コース設置、(2)九州地域の他大学の法学系学部と連携による法曹コース設置支援、(3)未修者の教育課程の改革プログラム実施、(4)岡山大学法科大学院との連携強化、(5)リカレント教育の展開による法曹実務との交流拠点化、を行うこととしました。
このような取組みに対し、昨年の加算率(110%)と同様の公的支援を得られることになりました。

今後も、評価されたプログラムを着実に遂行し、地域に根差した多様な法曹の養成に向けて確実な教育成果が得られるよう取り組んで参ります。

実務家を対象とした九州大学法科大学院弁護士等リカレント・プログラム 聴講生の募集について

九州大学法科大学院では,弁護士等を対象としたリカレント・プログラムの一環として、本法科大学院の授業科目の聴講を希望する弁護士等を、本法科大学院聴講生として受け入れます。

詳細についてはこちらPDFをご確認ください。