CLOSE

法科大学院の概要

ホーム > 法科大学院の概要 > 法科大学院長挨拶

法科大学院長挨拶

九州大学法科大学院長 小池 泰

 九州大学法科大学院に皆さんをお迎えすることができ、大変うれしく思っております。教職員を代表し、心より歓迎の意を表します。皆さんがこれから2年ないし3年の間、有意義で実りのある学生生活を送り、修了した後は、九州大学法科大学院の理念を体現する法律家として大いに活躍されることを、心から願ってやみません。

 九州大学法科大学院は、2004年に法科大学院制度の発足とともに設立され、九州の法科大学院を代表する基幹校としての役割を担ってきました。九州大学法科大学院は、司法制度改革の理念を実現するため、高度化・複雑化・グローバル化した21世紀の中で求められる新たな法律実務家像を追求しつつ、人間に対する温かい眼差しを持った、「社会生活上の医師」としての法曹を養成することを教育理念としています。

 九州大学法科大学院は、この理念を実現するため、少人数による双方向的・多方向的教育方法により、多段階的・発展的で多様な教育プログラムを提供しています。とりわけ、以下の4点を特徴として挙げることができます。

 ① 自学自修を支援する環境です。将来自立した法律家として活躍するためには、高度に専門的な知識と技能のみならず、自らの力で新たな問題に対処する能力を身につけなければなりません。そのためには、受動的に教育を受けるのではなく、積極的な自学自修の姿勢が重要です。九州大学法科大学院は、皆さんの自学自修を支援するため、行き届いた学修環境を整えています。たとえば、365日利用可能な学修室、個人用ロッカー、専用図書室、インターネットによる学修支援システム、専任教員によるチューター制度、若手弁護士による学修支援アドバイザー制度、修了生のための法務研究員制度などです。

② 個性を重視した教育プログラムです。九州大学法科大学院では、公平性、多様性、開放性の理念を重視して、多様なバックグラウンドを持った入学生を受け入れ、社会の様々な分野で活躍する法律家の養成をめざしています。皆さんには、法科大学院において、切磋琢磨しつつ、自らの個性を大いに伸ばすことが求められています。そのような要請に対応するため、九州大学法科大学院では、基本的な法律科目や実務科目だけではなく、多様な授業科目を提供し、将来多方面で活躍するための能力を身につけることができるよう配慮しています。

③ 実践的で多様な実務教育です。九州大学法科大学院は、理論と実務の架橋という法科大学院制度の理念に基づき、経験豊かな実務家教員を中心に、複眼的な思考が可能な実務家としての能力の涵養をめざして、法曹倫理・民事裁判実務・刑事訴訟実務・模擬裁判などのほか、ロイヤリング・法交渉、エクスターンシップ、リーガル・クリニックなど、豊富な実務系科目を提供しています。

④ 法曹界や他の法科大学院との緊密な連携です。九州大学法科大学院では、これまでも、法曹三者の協力を得て、優れた裁判官・検察官・弁護士が熱心に教育に当たってきたほか、法科大学院に併設されているリーガル・クリニック・センターにおいて実践的な教育を提供してきました。さらに、2017年9月に大学院施設が、九州地区の司法機関が集積する六本松地区に移転したことにより、この点をいっそう拡充していく予定です。また、他の法科大学院との間でも緊密に連携し、たとえば海外のロースクールと定期的な教育交流等を実施しています。

九州大学法科大学院では、これらの特徴を反映させた体系的なカリキュラムを用意し、また、皆さんの期待に応えられるよう、常に改善を試みています。 法科大学院制度は、いわゆる法曹コースの設置や在学中の司法試験受験の導入など、大きな改革の時期を迎えています。九州大学法科大学院は、これらの変革に対応し、また、社会の要請に応え続けていくため今後も改善を進めていく所存です

われわれ九州大学法科大学院の教職員一同は、皆さんの夢の実現を全力で支援いたします。

九州大学法科大学院長 小池 泰