法科大学院の概要

法科大学院長挨拶

九州大学法科大学院長 堀野 出

九州大学法科大学院は、平成16年に法科大学院制度の発足とともに設立され、九州の法科大学院を代表する基幹校としての役割を担ってきました。九州大学法科大学院は、司法制度改革の理念を実現するため、高度化・複雑化・グローバル化した21世紀の中で求められる新たな法律実務家像を追求しつつ、人間に対する温かい眼差しを持った、「社会生活上の医師」としての法曹を養成することを教育理念としています。

九州大学法科大学院は、こうした理念を実現するため、少人数による双方向的・多方向的教育方法により、多段階的・発展的で多様な教育プログラムを提供しています。とりわけ、以下の4点を特徴として強調したいと思います。

  1. 1 第一は、自学自修を支援する環境です。将来自立した法律家として活躍するためには、高度に専門的な知識と技能のみならず、自らの力で新たな問題に対処する能力を身につけなければなりません。そのためには、受動的に教育を受けるのではなく、積極的な自学自修の姿勢が重要です。九州大学法科大学院は、皆さんの自学自修を支援するため、行き届いた学修環境を整えています。たとえば、1人1席の専用机のある自習室、個人用ロッカー、専用図書室、インターネットによる学修支援システム、専任教員によるチューター制度、若手弁護士による学修支援アドバイザー制度、修了生のための法務研究員制度などです。
  2. 2 第二は、個性を重視した教育プログラムです。九州大学法科大学院では、公平性、多様性、開放性の理念を重視して、多様なバックグラウンドを持った学生を受け入れ、社会の様々な分野で活躍する法律家の養成をめざしています。皆さんには、法科大学院において、切磋琢磨しつつ、自らの個性を大いに伸ばすことが求められています。そのような要請に対応するため、九州大学法科大学院では、基本的な法律科目や実務科目だけではなく、多様な授業科目を提供し、将来多方面で活躍するための多角的な能力を身につけることができるよう配慮しています。
  3. 3 第三は、実践的で多様な実務教育です。九州大学法科大学院は、理論と実務の架橋という法科大学院制度の理念に基づき、経験豊かな実務家教員を中心に、複眼的な思考が可能な実務家としての能力の涵養をめざして、法曹倫理・民事裁判実務・刑事訴訟実務・模擬裁判などのほか、ロイヤリング・法交渉、エクスターンシップ、リーガル・クリニックなど、豊富な実務系科目を提供しています。
  4. 4 第四に、法曹界や他の法科大学院との緊密な連携です。九州大学法科大学院では、これまでも、法曹三者の協力を得て、優れた裁判官・検察官・弁護士が熱心に教育に当たってきたほか、法科大学院に併設されているリーガル・クリニック・センターにおいて実践的な教育を提供してきました。このことは、平成29年度後期以降の大学院施設の六本松リーガルエリア(司法機関集積地区)への移転により、さらに促進される予定です。また、他の法科大学院との間で密度の濃い教育連携を行っており、海外のロースクールとも定期的に教育交流を実施しています。

以上のように、九州大学法科大学院では、法科大学院制度の理念に即した効果的な教育を提供しています。

九州大学法科大学院は、法曹として備えるべき内容と水準の知識及び能力を、学生が修了時までに確実に修得することを教育目標とし、そのための体系的なカリキュラムを整備しています。各科目の到達目標については、それぞれの科目のシラバス等において示すほか、法律基本科目、民事訴訟実務の基礎、刑事訴訟実務の基礎、法曹倫理に関する科目については、「到達目標対応表」として、ホームページにおいても公表しています(九州大学法科大学院の概要 7 ディプロマ・ポリシーの項目を参照ください)。

法科大学院制度が発足して14年目を迎え、各法科大学院にとって教育の成果が問われております。九州大学法科大学院は、社会の要請に応える法律実務家を養成するため、より効果的な教育態勢を構築すべく、常に制度の改善に努めています。以上のような充実した学修環境のもと、われわれ九州大学法科大学院の教職員は、皆さんが夢を実現できるよう、全力で支援したいと考えております。

九州大学法科大学院長 堀野 出