CLOSE

法科大学院の概要

ホーム > 法科大学院の概要 > 九州大学法科大学院の概要 > カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

本法科大学院では、「法曹として備えていることを社会から求められる内容と水準の知識および能力を学生が修了時までに確実に修得する」という教育の到達目標を達成するため、以下の能力の修得を、カリキュラム編成の方針と定めています。
 ①専門的能力
 ②広い視野に立った総合的分析能力
 ③創造的思考による問題発見・解決能力
 ④人間に対する深い洞察能力と倫理性

 より具体的には、法曹養成という実践的な目的を持った教育機関としての使命を果たすため、
 ①少人数教育
 ②対話形式による双方向・多方向授業
 ③事例・判例を素材としたケース・メソッド
 ④レポート作成等の課題対応
を採用して、高度な専門知識、法的思考力、分析力、表現力の修得を図るよう、カリキュラムを編成するものとしています。

 また、本法科大学院では、カリキュラムによる発展的・段階的な学修プログラムを明確に理解できるように、各系列の科目の展開を必修科目と選択科目別に図示した発展図を作成しています。

  1. 学修ロードマップ
  2. 授業科目の展開