~サークル・部活編①~

~サークル・部活編①~

九大生は、学問だけでなくサークル活動やアルバイトなどの活動にも力をいれています。

ここでは、アイスホッケー部を紹介します。


九 州 大 学 ア イ ス ホ ッ ケ ー 部 

活動場所:吉塚(博多駅の隣駅)にあるパピオアイスアリーナ(現在閉館)です。飯塚や久留米、最近では、久留米のスポーツガーデンでも練習しています。

活動頻度:週3回

活動時間:一般利用者がいない夜の時間に行っています。他の団体との兼ね合いで22時や24時から練習することもあります。実質動いているのは1時間半、前後のミーティングや準備を含めると3時間位です。

年間スケジュール:本来のシーズンは冬です。1番大きい大会は、11月の九州学生リーグと12月の七大戦(注)です。学生だけではなく一般の方との大会も含め、通年で大会があります。

活動の実績九州学生リーグ(インカレ予選のようなもの)で30年ぶりに優勝し、全国大会に出場しました。アイスホッケー自体がメジャーではないので、参加校は九州地区内で10校くらいです。九大の部員は全員初心者だったので、経験者チームと戦うつもりでチームを作ってきました。

練習内容:基礎的な練習から実践の練習までやります。入部したての頃は滑れないため、滑る練習やパス、レシーブから始めます。学年が上がったり、シーズンが終盤になったりするにつれて実践が多くなっていきます。同級生はみんな初心者から始めるので、安心しましたし、経験者がチームにいないことでの面白さがありました。

引退時期:4年生の12月です。

(注)七大戦…「全国七大学総合体育大会」の略。旧帝国大の7校(北海道大、東北大、東京大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大)が合同で開催している体育大会。
Q:入部の決め手を教えてください。
小学校の頃から高校まで、個人競技である剣道をしていたので、チームスポーツをやってみたかったからです。でも、大学から始めるには、サッカーや野球は厳しかったので、大学から始められそうなものを探し、アイスホッケーの試合を見たときに、スポーツ自体の魅力を感じました。また、先輩方のチームの雰囲気が好きだったことが決め手でした。

Q:アイスホッケーの魅力はなんですか。
スピード感があって激しいスポーツであることです。陸上スポーツとはかけ離れていて、ずっと氷の上にいるので不安定な状況で、スピード感がすごい。それから、コンタクト(体をぶつけること)が激しいです。

Q:勉強との両立はできますか。
他学部に比べると、法学部はアイスホッケーをやるにはいい環境でした。部活は試験期間には休みがあるし、勉強で大変な人は部活を休んでも大丈夫。

Q:初心者ばかりのチームで成し遂げた偉業の理由を教えてください。
一番は、人に恵まれたことでした。4年生が1番上手なので、4年生の人数が多かったことが大きかったです。例年だと4年生は5人くらい。また、今の4年生は1年生の頃から部の先輩に感化されて自主練していました。また、九州学生リーグで優勝できたのは、練習回数がほかの大学の倍以上であったこともあります。アイスホッケーは練習にあたり、リンク使用料が団体で3万円など、お金がかかりますが、部費だけではなく、OBにアプローチして寄付してもらって練習していました。他大学はそこまでやっていないので、練習回数に差ができ、いいチームに仕上がりました。

Q:一番の思い出を教えてください。
思い出がありすぎて、難しいです(笑)一番は、4年生で優勝した時です。また、部活がある日常も楽しかったです。
Q:部活をしながらの就活はどうでしたか。
私は民間企業に就職しますが、中には公務員を受けた部員もいるし、教員になる部員もいました。夜に活動があるだけなので、昼間は空いていて、部活の中では時間に追い込まれているほうではないですね。(次の日の朝がきついことはありましたが・・(笑))

Q;後輩に向けて一言お願いします!
大学は勉強が大事なのは大前提で、何か一つ勉強以外に夢中になるものを見つけるといいと思います。サークルか部活かはそれぞれだと思いますが、もしアイスホッケー部を選んでくれたら、4年間熱くなれる場所になると思います。

キャンパスライフを充実させるために、サークルを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

九州大学のサークル情報は下記に掲載しております。ぜひご覧ください。

九州大学サークル情報サイト | Q Board

受験生時代・九大法学部を選んだ理由

施設紹介

授業・ゼミ紹介

大学生活

SNS

Facebook

Instagram