施設紹介②

施設紹介②

九州大学には、嚶鳴天空広場、理系図書館、そして中央図書館といった大規模な施設があります。ここでは、イーストゾーンの学部生がよく利用する施設をご紹介します。


ビッグスカイ

 学内には、ビッグスカイ(イーストゾーン)、QASIS(センターゾーン)、COOP MAIN DINING(センターゾーン1階)、COOP BIG DINING(センターゾーン地階)、GARDEN KITCHEN(ウエストゾーン)、ビッグどら食堂(ウエストゾーン)、アグリダイニング(ウエストゾーン)の7つの食堂があり、それぞれに特色があります。
 中でも、法学部生がよく利用するビッグスカイは伊都キャンパスのイーストゾーンに位置している食堂です。定食、丼、麺類など、バリエーション豊富なメニューとなっています。「なすのはさみ揚げ」や「チーズケーキ」といった副菜も充実しているのが特徴です。
 晴れた日には、センターゾーンを綺麗に見渡すことができます。学生にも優しい値段の日替わり定食やカレー、まぐろたたき丼といったメニューがとても人気です。外にあるテラスでは、学生同士の歓談の場となっています。
 こちらは、ビッグスカイでは12時から販売される「とり天定食」(380円~)です。イーストゾーンのみならず、センターゾーンでも販売されていますが、学内では人気メニューの一つです。ご飯のサイズを選ぶことができます。安くて、美味しい上に、豚汁までついてくることから広く学生に支持されています!

大講義室II

 大講義室Ⅱは、イーストゾーンに位置しており、500人が収容できる大規模教室です。主に、法学部をはじめとする文系学部の専攻教育の講義でよく使われています。傾斜がかかっているため、前席と後席の距離が非常に長く見えます。後席から講義室全体を見ると、講義室の広さや傾斜のかかり具合に圧倒されます。座席にはコンセントが完備されており、学習環境においても快適な制度設計がなされています!

受験生時代・九大法学部を選んだ理由

施設紹介

授業・ゼミ紹介

大学生活

SNS

Facebook

Instagram