受験生時代の過ごし方

受験生時代の過ごし方

九州大学法学部に入学した学生は、受験生時代どのような生活を送っていたのでしょうか。ここでは、受験生時代の過ごし方の一例をご紹介します。


平日ver

4:00 起床

~6:00 勉強        

~7:00 支度・登校

 朝型の人間だったので朝から2時間勉強していました。この2時間は宿題や予習を中心に行っていました。

7:00~8:00 自習

8:00~12:20 授業

12:20~13:00 昼休み

13:00~16:00 授業

なるべく朝早く学校に行って1時間の勉強時間確保をするようにしていました。また、この時間では苦手科目の対策を行っていました。

16:30~18:00 放課後補習

18:00~19:00 自習

授業後には毎日補習がありました。その後、学校が閉まるギリギリまでその日の復習をやっていました。

19:00~21:00 帰宅・夕食など

21:00~ 勉強

色々やることが終わったら勉強開始です!眠くなったら無理せずに寝て、また翌朝早起きします。

休日ver

6:00 起床

8:00~12:00 勉強

休日も早起きして、平日の内容の予習や復習をしました。勉強の初めは簡単な数学の問題をしていました。

12:00~13:00 昼食

13:00~18:00 勉強

問題演習を中心にしていました。

18:00~20:00 夕食・入浴・自由

この時間はゆっくり休んでいました。家族と話したり趣味に時間を当てていました。

20:00~23:00 勉強・就寝

寝る前は暗記系(単語・語句・文法)の勉強をしていました。勉強の初めと終わりは比較的取り組みやすいものをしていました。次の日も早く起きる為に早めに寝ていました。

受験生時代は勉強するばかりかと思いがちですが、休日の家族と過ごす時間も大切にして、勉強以外の時間もありますね。こちらで掲載している内容はあくまで一例です。受験生の皆さんの参考になりましたら、幸いです。

受験生時代・九大法学部を選んだ理由

施設紹介

授業・ゼミ紹介

大学生活

SNS

Facebook

Instagram